>

亡くなる本人が生きてるうちにやっておくこと

家の中を整理しておく

ここ最近は、終活という言葉が浸透していっています。
遺品整理が少しでも楽になるようにしておくのも、終活の一環と言えるでしょう。

まずは、遺品整理の現場になる自分の家の中をきちんと整理整頓しておきましょう。
いらないものやもう使わないものなど、とにかく家にある不用品をどんどん処分していくようにしましょう。
それだけでも、整理をする遺族はだいぶ楽になります。

ただ、一人暮らしのご老人やあまり体力に自信がない女性は一人で全部するというのは難しいでしょう。
その場合は、一度に全部ではなく何回かに分けて少しずつしていくとか、もしくはそれ専用の業者さんが今やたくさんいらっしゃるのでそういった方にお願いするのも手でしょう。

財産分与等の取り決め

前出のページでお話したのは、いわゆるそんなに処分が難しくないものですが、こちらでお話するのはある意味重要なものに関してです。
それは、財産分与等に関することです。
ここで言う財産とは、金銭や土地、車や家などのことを指します。

亡くなった人に財産がある場合、それを引き取る権利があるのは子どもや孫という直接の身内や遺言書に書かれている人物になります。
ですので、生前に財産分与を取り決めておいてそれを遺族に伝えておくとかきちんとした遺言書を残しておくということをしておきましょう。
こういったお金が絡んでいることは、なによりも先に片づけておくといいでしょう。

それがないと、遺族同士で骨肉の争いを繰り広げるなど故人も喜ばない展開になってしまいます。


この記事をシェアする